【アフィリエイトの裏側】アフィリエイトで非承認が起こる原因について【解説】

Affiliate Web Marketing

こんにちは、てらです。

アフィリエイト界隈で成果のについて度々話題に上がる「非承認」問題ですが、
再び話題になっているので、「非承認」となる一般的な原因について解説したいと思います。

ブログやアフィリエイトを初めたばかりの初心者向けのです。
長年アフィリエイトをやっている方は既にご存知の内容だと思います。

「承認率が悪い=ダメな案件」みたいに思う人もいるかもですが全てがそうでないことが理解できるはずです。

本記事の内容

  • 誰がどうやって「承認」「非承認」を決めているのか
  • アフィリエイトにおいて「非承認」が起こる原因について

僕はWebマーケの会社で運用広告をやっていましたので、成果の計測方法や仕組みの大まかなところは理解しています。

直接的に売上アップに繋がる話ではないですが、仕組みを知っておくことで違う施策に繋がる思います。 あとは、「非承認」によるストレスが軽減されます。

誰がどうやって「承認」「非承認」を決めているのか

誰がどうやって「承認」「非承認」を決めているのか

基本的に非承認にする条件に従って広告主が「承認」「非承認」を決めています。

広告主用のASP管理画面に成果が表示されるので、1件づつ「承認」「非承認」を管理画面で操作し確定させます。
広告主によっては、ASPとの間に入っている代理店に操作をお願いしたり、広告主が操作したりと案件によって様々です。

余談ですが、エクエルを使ってやっていますがこれが結構大変だったりします……。(^_^;)

ここで、「広告主が決める」というところで、「利益出すためにやっているために非承認にしてんだろー!」となるのは分かるのですが、基本的は前に書いた通りルールにそって「承認」「非承認」作業を行っています。

もちろん、広告主や代理店が利益のためにやってたり、理由なく「非承認」にしている場合は論外です。そういう案件は追求が必要です。

アフィリエイターにとって、発生した成果が「承認」されて初めて売上になります。

承認率が低いのはアフィリエイターにとって大問題です。発生した成果が100万円でも承認率が50%の場合、売上が50万とか悲しすぎますよね……。

そのため案件選びは結構重要です。

アフィリエイトにおいて「非承認」が起こる理由

アフィリエイトにおいて「非承認」が起こる理由

基本的な「非承認」理由は4つの場合が多いです。

主な「非承認」理由

  • 成果対象外
  • 重複発生
  • いたずら
  • 申込キャンセル

成果対象外と重複発生がわかりにくいと思うので説明いたします。

成果対象外による「非承認」

例えば、本登録後入金確認で成果対象となる案件があり、
ユーザーが無料登録までしかしなかったとします。

その場合、アフィリエイターの管理画面に「成果発生」が反映されます。
しかし、クライアントの成果対象の本登録と入金が完了していないため、「非承認」となります。

他にも、スキンケアや健康食品のなどのリピート通販で、
成果対象が初回購入者となっていた場合、過去に購入履歴のあるユーザーの成果は「非承認」になります。

成果対象条件は案件によって違うので、始める前に条件を確認しておくと良いです。

重複発生による「非承認」

重複して成果が発生する場合は複数のASP間で発生します。

ユーザーがアフィリエイトリンク→広告主ページと複数のアフィリエイトサイトを経由して申込を行った場合に「重複成果」が起こります。

ほとんどの商品が複数のASPで掲載されいます。
例えば、

  • A8
  • afb
  • レントラックス

などで掲載されており、複数のアフィリエイターが自分の好きなASPを使って、様々なキーワードで作成しています。
また、ユーザーは検索をして、様々なサイトを訪問して申込を行います。

「黒汁」という商品を例に説明してみます。
「黒汁」を購入したいユーザーが下記の順でサイト訪問して申し込んだとします。

1回目:Aサイト「黒汁 効果」SEO1位 A8リンク
2回目:Bサイト「黒汁 評判」SEO1位 afbリンク
3回目:Cサイト:「黒汁 安い」SEO1位 レントラリンク → 申込
※ABCの運営者は別とします。

1回目と2回目では、アフィリンクをクリックしてLPを訪問したけど購入しなかったとします。
この時に、裏側でAサイトのリンクとBサイトのリンクをクリックしたCookie(クッキー)がブラウザに残ります。
参考:»クッキー(cookie)とは?初心者でも分かるように図解

最終的に、3回目の訪問でレントラのリンクをクリックして申込完了。
最後にクリックしたのがレントラのリンクなので、レントラを使っているCサイトで成果が発生します。

しかし、1回目、2回目で訪問したサイトのA8とafbのCookieが残ったままになっています。

アクトレで成果が発生したようにみえますが、実際にはA8のAサイト、afbのBサイトでも成果が発生することになります。

簡単に図にすると下記のような感じです。

重複コンバージョン説明図

実際の申込数は1件ですが、それぞれのASPで同時に成果が発生するため、3件の成果が発生しています。 これが「重複発生」です。

アフィリエイトでは通常、最後に成果を発生させたアフィリエイトサイトして「承認」します。

例では、Cサイトの成果が「承認」され、Aサイト、Bサイトの成果発生は「非承認」となります。

これが「重複発生」による「非承認」になる理由です。

ちなみに、A,B,Cのサイトのリンクが同じASPだった場合は、
Cookie情報が上書きされるので A,Bで成果は発生せず、Cサイトのみ成果が発生します。

さいごに

アフィリエイターからすると重複とかそのなの知らねーヨとなると思います…。

ですが、仕組みの中でやっている以上、コントロールできない部分もあるので
これを理解して攻めるキーワードを見直したり攻め方を変えたりと改善施策リソースを使いましょう。

「承認率が悪い=ダメな案件」ではないということが伝わると幸いです。