Terablog

〜IT×Webマーケティング×働き方を発信するブログ〜

Life Work

【結論】就職・就活に失敗したら転職すべき→転職で人生変わった【体験談】

更新日:

新卒で入った会社に後悔している人「この会社に入ったの失敗したな…。このまま働き続けてもいいのかな分からないな。転職したいけど経験もスキルないから不安だな。できるだけ会社はやめたいんだけどな…。

このような疑問に答えます。

結論、就職に失敗したと感じたら早めに転職すべきです。理由は成長するためには働く環境が大事だからです。

その理由について解説します。

この記事の内容

僕は1年目の終わりから転職活動を開始して、社会人2年目で転職に成功しました。

転職した結果、やりたい仕事ができて楽しく働けています。

未経験であったコンテンツマーケティングの仕事をしています。半年くらいで、ライターの仕事やWebコンサルを副業でできるようになりったので、転職して人生いい方向に向かっています。

新卒入社約6割が今の会社に入ったことを後悔している

新卒入社約6割が今の会社に入ったことを後悔している

ハタラクティブが2018年新卒の人を対象に実施した調査によると、約6割が入社を後悔していると回答したようです。

»引用元:フリーター・既卒向け就職支援ハタラクティブ

  • 新卒で入社した会社に後悔している:59.8%
  • 新卒で入社した会社に後悔している:40.2%

なんと、6割の人が新卒で入った会社に後悔しているんですね。後悔しているということは、「就職に失敗してしまったな…。」と思っている人が6割近くいるということですね。

後悔している理由はミスマッチ

次に入社を後悔している理由を見てみましょう。

  • 入社前の情報収集が足りなかった:31.3%
  • やりたいことが明確にならないまま入社した:21.6%
  • 最初に内定が出たので入社した:20.9%
  • 企業の規模や有名さで選んだ:13.4%
  • 本命企業の内定が出なかった:8.2%
  • 周りの意見に流された:4.5%

後悔している理由のトップが1位が「入社前の情報収集不足」ということから、仕事内容や労働条件を確認しないまま入社していることが分かります。

さらに驚きなのが、就職先に後悔した人の約30%が1ヶ月に退職し、3ヶ月以内だと88%という結果になっていることです。

社会人経験がないから判断が難しい

新卒の就職で失敗したと感じる人が一定数いるのはしかたの無いことだと思ってます。

自分にあっている仕事なのか、やりたいことや将来思い描いているキャリアに合っているのかという判断が、働いた経験が無いので難しいです。

よく就活は恋愛と同じだと言われたりするけど、恋愛の場合初めて付き合った人と結婚する人はごくわずかだと思います。

それと同じで、入ってみて自分のやりたかったことではなかったり、イメージと違っていてミスマッチになるのは当たりですね。

新卒入社で失敗したら人生も終わりという誤解

新卒入社で失敗したら人生も終わりという誤解

よく新卒入社で失敗したら、人生も終わりだと誤解している人が多いですが、新卒1年目〜3年目の人でも転職は可能です。

僕も社会人1年半で転職しています。

入社1年目〜入社3年目でもチャンスがある理由

  • 第二新卒を対象とした求人が増えている
  • 未経験でも採用される高い

事実、何年も昔から新卒3年目でやめる人は3割程度いるので、やめるのは一般的だったりします。

今は終身雇用もなくなりつつあり、転職してステップアップする時代になっています。

第二新卒を対象とした求人が増えている

最近よく聞くのが売り手市場、今の日本は人事不足ということもあり企業が若い人材を求めているからです。

売り手市場と言われる中で採用競争が高まり、若い人材を集めることが今の企業の課題でもあります。

そのため第二新卒で若い人材を確保したいと考えている企業が多くなっています。

未経験でも採用される理由

第二新卒の採用では、未経験でも今後のポテンシャルを見て採用する企業が多くあります。

第二新卒も即戦力を求めるよりも自社で育成して成長させる方針の企業が多くなっています。

未経験でも今後の成長することを期待して採用する企業が増えているからです。

僕もコンテンツマーケティングという未経験の職種に応募しましたが、採用されています。

結論:就職に失敗したと思ったら早めに転職すべき

就職に失敗した理由はなんでしょうか?

「やりたいことでは無かった」
「言われていた仕事内容とは違う」

などあると思いますが、今の仕事が嫌でだらだらと働いているなら転職してしまった方が自分のためです。

理由は単純で、成長速度が遅くなるからです。

判断する基準は自分が早く成長できる環境かだと思います。

自分がやりたくないことで嫌々はたらいていても成長速度は遅くなります。実体験として意欲的にやったほうが成長速度が早いので自分のためになります。

このまま働くべきか迷っている人は、会社の上司を見て判断してみましょう。上司の働く姿が自分のなりたい将来か考えると判断がつくと思います。

体験談:新卒入社から2年目で転職して人生変わった話

体験談:新卒入社から2年目で転職して人生変わった話

先に言うと、未経験の職種に転職しましたが転職して半年くらいで副業できるレベルになりました。仕事もプライベートも楽しく働けるようになりました。

今思い返すと、前の仕事のままだったらできていないと思いました。

転職活動をはじめた理由

はじめに書いたように、新卒で入った会社を2年目で転職しています。1年目の終わり頃から転職活動を初めていました。

転職を考え始めた理由は

  • やりたいことではなかった
  • 成長できないと思ったから

営業が向いてなかったという自己分析ができていないことが原因でした。アポ前は胃が痛かったり、出社前に吐き気がするという状態でした。

その上、労働時間が長い、苦手なことなので常にプレッシャーがすごいとういことで、消耗していてプラスなことがない状況でした。完全に就職に失敗したなと思っていました。

このままでは成長もできないと思い転職活動を始めました。

成長できる環境で働くことが大事

くり返しですが、転職を経験して成長できる環境で働くことが大事だと思いました。

成長できる環境って何?って感じですが、やりたい仕事をして、挑戦させてもらえ失敗してもまた挑戦させてもらえる環境だと思います。

記事作成やWebサイトの改善など、未経験からコンテンツマーケティング初めてのことだらけで失敗の連続でしたが、挑戦できる環境のおかげで今ではWebマーケティングで副業できるレベルになりました。

まとめ

まとめ

就職に失敗して働き続けるか、転職するべきなのか迷っている方は多いと思いますが、この記事で紹介したことを参考にしてみて下さい。

この記事のポイントをまとめます。

  • 新卒で入った会社に後悔している人は6割
  • 第二新卒でも転職は可能
  • 働くところは成長できる環境を選ぶこと

転職をするということにかなり不安を感じるものですが、初めてのことなので不安になって当たり前です。

まずは行動してみることをおすすめします。実際に動いてみると今まで感じていた不安も小さくなります。

ぜひこれを機に転職してみることをオススメします。

人気記事(第二新卒向け)第二新卒の転職で価値を感じた転職エージェントと転職サイト

-Life, Work
-

Copyright© Terablog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.